≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見てるだけで単語を覚えるソフト「ハイル」

ハイル

ソフト詳細説明

単語が次々と表示されます。
自分が完璧に覚えた単語が表示されたら○を押すだけの簡単操作です。
単語カードの電子版とも言うべきでしょうか。短時間で自分がどれだけの単語を覚えたかを振り返ることができるので大変便利です。

なんと受験対応の中学単語2100語高校単語2000語の計4100語が収録されていますので高校受験、大学受験を控えている方にお勧めです。

シェアウェアで価格は1,155円(税・手数料込)です。


特徴 (以下ベクターソフト詳細説明より引用)

単語が自動的にフラッシュ表示される。
覚えたら○を押すだけの簡単操作。
表示中の単語をその場で暗記済みにできるゲット機能。
覚えた単語の管理がしやすいデータベース機能搭載。
様々なモードのテストができる。
集中して見やすいように様々な画面調整ができる。
表示文字位置、時間配分など微調整が可能。・クリック数が少なくてすむようにキー操作が豊富。・暗記が進むようにランダム順、昇順、同時表示、逆転表示など可能。
発音機能搭載。
マウスで文字が書ける機能あり。
気になる単語をチェックする要チェック機能あり。
回答文字数を短く設定できる回答制限機能。



作者のHP
http://projectshimane.web.fc2.com/index.html




では試用版(体験版)をインストールして実際に使ってみます。

ダウンロードは以下より「ハイル」で検索。一番下にハイル 1.1 と出てきます。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




インストール完了しましたらアイコンをダブルクリックして起動しましょう。

hairu01.jpg

「試用版」をクリックします。

hairu02.jpg

上のような画面がメイン画面です。(クリックすると拡大表示)

試用版(体験版)には200問のサンプル問題が付属します。ファイルで問題データを開くを選びます。問題集の場所はインストール先フォルダ(例:C\Programfile\ハイル)です。
読み込んだら「START」を押すと始まります。


hairu03.jpg

上の画像の赤い円で囲んだ部分の操作がこのソフトの主要な操作です。
試用版でも200問学習できるのでこのソフトの良さが分かると思います。
細かい機能としては、単語の出現時間を変更したり、フォント(文字)の大きさを調整できたりできますのでいろいろ試してみてください。


このソフトの作者様のHPもございます。そちらでは詳しい操作方法やサポート、収録単語の一覧もご覧になれます。

http://projectshimane.web.fc2.com/



スポンサーサイト

| 英単語問題(PC学習ソフト) | 11:18 | comments:5 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

WS5(ワードセレクト)

WS5(ワードセレクト)


空欄補充、いわゆる穴埋め問題に対応した学習ソフトです。
問題は自分で作成も可能です。
一番の特徴は、一箇所のみの穴埋め問題だけではなく、複数の穴埋め問題も作成できることです。
これによってかなりの長文問題も作成できますし、まとめて暗記するのに適していると言えます。
英語の問題のみならず、歴史などの暗記科目にも威力を発揮します。

では早速ソフトの紹介をしていきます。
Vectorのホームページよりダウンロードし、解凍した後に起動してください。

ダウンロードはVectorから「ws5」で検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓







ws01.jpg

ソフトを起動すると上のようなウィンドウが現れます。
上のアイコンのうち、左端の「問題を開く」を選んでください。

あらかじめサンプルの問題が付属してますので試しに開いてください。


ws02.jpg

これは英文の空欄補充問題です。空欄は一箇所のみ。
下の選択肢から1つを選んで回答してください。
正解すると正解音が、誤答すると誤答音が流れます。

マウスだけではなく、テンキー(数字)にも対応しています。

ws03.jpg

こちらは日本史の問題です。
注目すべきは空欄が数箇所あることです。
またかなりの長文問題も可能なので、英語のみならずこのように歴史などの科目の暗記学習にとても役立ちます。


問題の作成もルールを守れば誰でも簡単に作れます。
メモ帳でもワードでもお好きなエディタで編集してください。

下線部______に当てはめる選択肢を#で区切り、何番目が正答かを数字で書くだけです。全角・半角の区別に注意してください。


***************************************************************

First of all, I'd like to introduce ________.
#my#me#yourself#myself
4


明治政府は近代国家の形として三権分立のしくみをとった。しかしその中心人物は、
公家の三条実美・________、長州の________、薩摩の西郷隆盛・________らで
あった。
#大久保利通#井伊直すけ#岩倉具視#吉田松陰#木戸孝允#徳川慶喜
3,5,1

***************************************************************


ダウンロードはVectorから「ws5」で検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓




| 空欄補充問題(PC学習ソフト) | 13:37 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

「NARABE 2.1」

「NARABE 2.1」
「NARABE」は、英語並べ替え問題(整序問題)専用の学習ソフトです。
Vectorでダウンロード可能です。シェアウェアです。

日本語が表示されてそれに応じた英文を順番に選択して問題を解いていきます。
間違えた場合は、正答文が表示されます。

自分で問題を作成することも可能で、メモ帳などで簡単に編集できます。
専用エディタも付属しています。



では実際にソフトをダウンロードしてパソコンにインストールしてみましょう。

ダウンロードはVectorから「narabe」で検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓





narabe2.1をインストール(解凍後)したら、実際にソフトを起動します。


nb01.jpg
(クリックすると拡大表示されます)


上のような画面が現れます。早速学習してみましょう。画面下の「OPEN」をクリックします。

nb02.jpg
(クリックすると拡大表示されます)


問題ファイルは拡張子が「**.nrd」となっています。すでに3つの問題ファイルがあらかじめ用意されていますので1つ選択して下さい。
右下の「START」で学習を始めます。


nb03.jpg
(クリックすると拡大表示されます)


これが実際の学習画面です。上の日本語の文章に沿って、下から英単語を順番に選択して英文を完成させていきます。正確に英文を選択していくと「ピンポーン」という正解音が流れます。間違えると「ブーン」という音が流れます。
下の画面の「NEXT」をクリックすると次の問題へ行きます。
基本的にはこのような流れで問題を次々こなしていく感じです。

nb04.jpg
(クリックすると拡大表示されます)


正答数、出題数などを表示することも可能です。


問題を自作できるのもいいですね。以下のように書式もすごく簡単です。

*******************************************************************************


昨夜はすごく暑かったので、まったく眠れませんでした。
It was so hot that I couldn't sleep at all last night.
that
couldn't
sleep
hot
at all
so
I
last night.
It was
また会えるのを楽しみにしています。
I'm looking forward to seeing you again.
forward
to
seeing
you
looking
again

.
I'm
向こうの電車に乗れば渋谷に着きます。
The train over there will take you to Shibuya.
train
over
will
take
there
you
the
to Shibuya.

*******************************************************************************


是非自分で作ってみてください。


| 英文整序問題(PC学習ソフト) | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「勝つ単語集」(Windows版)

「勝つ単語集」(Windows版)

東大卒!の作者の英語学習ノウハウが詰まった単語学習プログラム!


ダウンロードはVectorから「勝つ単語集」で検索!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






Windows版シェアウェアですが300語の試用版がダウンロード可能。
まずはダウンロードしてみてこのソフトの良さを体感してみよう。


ちなみにPalm(IBM PalmやSONY CLIE)版はフリーソフトです。
今はPalmは古くなった感がありますが、今でも現役バリバリで使えるPDAだと思います。ヤフオクなどで手軽な値段で落札できるので、フリーソフトだという利点を生かすのもアリかも!

(以下HPより作者自身の紹介文引用)
このソフトは英単語を非常に効率的に覚えるためのプログラムです。反復法をはじめ,作者のノウハウをそのままプログラムにしたものですので,ちゃんと継続的に使用すれば確実に単語力アップができると思います。
コンピュータを用いた単語勉強は習熟度の管理、辞書との連携といった点で非常に有利ですが、従来の英単語ソフトは操作性だけでなく単語集の信頼性といった意味でも不安が残る物だったと思います。(この単語集を作ったのも信頼でき、かつ操作性の良い英単語ソフトが無くて困ったからです。)
この単語集の作者は東大卒TOEIC900点≒TOEFL609点相当です。英語の指導にはかなり自信があります。是非安心して英単語の習熟に全力を尽くして下さい。またこの単語集は機能的にも様々な効率的な暗記法を駆使しています。一度お使いになれば必ず使いやすさを実感されると思います。

作者のHPへのリンク
http://page.freett.com/ttak/index.htm


ダウンロードはVectorから「勝つ単語集」で検索!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





eg001.jpg



では実際に試用版をダウンロード、インストールした後にソフトを起動してみます。
英和、和英、それぞれにQ1,Q2,Q3・・・と各問題に分かれています。各20問ずつ収録されています。
では実際に問題を選択後、下のOKボタンをクリックして、学習してみましょう。


eg002.jpg



「QUESTION」の下に表示されている英単語の意味(この場合はquality)を下の日本語から選択します。

eg003.jpg


正解の場合はこのような画面になります。間違った場合は「×」が表示されます。OKをクリックすると次の問題に移ります。
このような流れで20問解いていきます。


eg004.jpg


20問解き終わった後に、20題中何問正解したか、正解率などが表示されます。OKを押すと、間違えた問題が再び出題されます。


eg005.jpg


すべて正解した場合にこのようなウインドウが現れて正答率が表示されます。


eg006.jpg


成績表で自分がどの単語を間違えているかなどを分かりやすく表示してくれます。これを見ながら自分の苦手な単語が把握できます。(クリックすると拡大表示)


eg007.jpg


このソフトのいいところは単語を追加できることです。この画面で単語を入力し、問題を追加できます。(クリックすると拡大表示)

eg008.jpg


和英問題を解いている画面です。こちらは英単語をキーボードからタイピングします。


ソフトの紹介は以上で終わります。とにかくこのソフトの良さは実際にお使いになられたら分かると思います。




ダウンロードはVectorから「勝つ単語集」で検索!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



| 英単語問題(PC学習ソフト) | 08:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご挨拶

中学受験、高校受験、大学受験、TOEICなど。
日本人にとって英語の試験はさまざまな場面で登場してきます。

特に入学試験においては他にもいくつも科目があるにも関わらず、英語の得点は合格を占う重要科目という位置づけをされています。例えば文系の私立大学は国語、英語、社会の3科目受験が定番ですが、そのうち英語の占める割合(配点等)はとても大きいのです。逆に言うと英語さえ得意科目にすれば、自分の志望校合格に大きく近づくことができます。

このブログでは、英語を克服、あるいはさらなる得意科目にするための勉強法をご紹介していきます。
しかしながら、街中の大きな書店では数え切れないくらいの受験指南書や英語勉強法についての本が並んでいますが、ここで紹介するのはそのような勉強法ではなく、PC(パソコン)を使った英語学習法です。


具体的な説明をさせて頂きます。

英語という科目を細分化すると・・・

1.英単語・英熟語
2.文法・語法・構文
3.英作文
4.長文読解
5.リスニングその他

このように分けられます。

しかしこれらの大半の部分はPC(パソコン)使ってかなり効率的な勉強ができます。
例えば英単語は4~5つの選択肢から正解を選ぶ学習ソフトを使って短期間に1000~2000の英単語を記憶に叩き込みます。英文法や英熟語に関しては、空欄補充、いわゆる穴埋め問題の学習ソフトを使って文法・語法を記憶に叩き込みます。英作文に関しては、整序問題、いわゆる並べ替え問題専用の学習ソフトを使って徹底的に文の構成を叩き込みます。4の長文読解はパソコンの画面でよりも、実際に紙の問題を読み込んで解く方が適しています。
5のリスニングは、今はほとんどの英語参考書に付録でCDが付いてきますのでパソコンに限らず、外出時にCDウォークマンやipodなどの携帯音楽プレーヤーで対策が練れますね。

これらを十分にこなした時にあなたの英語の実力はかなりのレベルに達しているはずです。
あとは志望校の問題傾向に合わせて過去問を解くことで合格により近づいていけるはずです。


このブログでは、あなたの英語パソコン学習を手助けするツールや学習ソフトなどをご紹介します。

あなたの合格の手助けができれば幸いです。




                                 英語朗@



| ご挨拶 | 08:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。